一般歯科・口腔外科

虫歯はできるだけ早く治療しましょう~一般歯科~

虫歯はできるだけ早く治療しましょう~一般歯科~

虫歯は身近なお口の病気です。虫歯の原因菌がお口の中の糖分を栄養にして「酸」を出し、その「酸」が歯を溶かして起こります。ごく初期の段階は、自覚症状がありませんが、「冷たい物がしみる」「甘い物を食べると痛い」などは虫歯の典型的な症状です。

虫歯は放っておいても治りません。治療して進行を止めないとどんどん悪化し、歯を失うことにもつながります。お口の違和感に気づいたら、できるだけ早く埼玉県蕨市のマルエツ蕨北町店1Fにある「モアナ歯科クリニック蕨医院」にご相談ください。親知らずの抜歯などを行う 口腔外科もご相談ください。

「歯が痛い」……それは進行のサインです

「歯が痛い」……それは進行のサインです

歯の表面は硬いエナメル質で覆われています。そのため虫歯の初期段階は、比較的進行が遅いうえ、歯の内部の神経から遠いので痛みなどは現れません。歯の痛みに気づいたときには虫歯はかなり進行しているのです。虫歯の進行を止めるためには、虫歯菌に汚染された部分を除去しなければなりません。溶けてしまった歯や治療のために削った歯質は、二度とは戻りませんし、治療で補った人工物はどんなに精巧でも、天然歯には劣ってしまいます。そのため当院では歯を削る量をできるだけ抑え、できるだけ健康な歯質を残すように心がけて治療します。

虫歯を放置してはいけません

虫歯を放置してはいけません

虫歯は自然治癒しませんので、放置するとどんどん悪化し、次のようなリスクが発生します。お口に気になる症状があるときには、できるだけ早く治療しましょう。

  • 健康な歯質がどんどん少なくなってしまいます
  • 小さな虫歯は比較的治療がかんたんですが、悪化すればするほど、治療が複雑になり、通院回数が増える可能性があります
  • 虫歯が神経にまで達した場合、治療時の痛みが強くなりがちです
  • 治療が複雑になると治療費用がかさみます
  • まわりの歯や組織の健康が損なわれるリスクが高まります
  • 激しい痛みは治まることがありますが、それは治ったわけではありません。歯の中の神経が死んでしまった状態です。さらに放っておくと歯の根の先に膿が溜まり、激しく痛む可能性が高まります
  • 抜歯のリスクが高まります
重度の虫歯でも歯を諦めないでください

重度の虫歯でも歯を諦めないでください

歯の中の神経にまで達した重度の虫歯は、そのまま放っておくと抜歯を余儀なくされますが、お口全体の健康のためには、抜歯はできるだけ避けたい処置です。虫歯の進行状況によっては、抜歯をせずに歯を残すための処置ができます。それが「根管(こんかん)治療」です。

根管治療は歯の中の神経が入っている細い管(根管)から虫歯菌に汚染された神経や血管、歯質を除去し、内部を洗浄・消毒して、薬剤をすき間なく詰めて密閉します。根管はとても細いうえ複雑な形状をしていますが、その内部をすっかりきれいにする必要があります。それは少しでも細菌を残すと再発してしまうからです。当院では経験豊富な歯科医師が高度な歯科医療技術で根管治療を担当します。他院で、抜歯をすすめられた重度の虫歯でも治療可能かもしれません。歯を諦めてしまうまえに一度ご相談ください。

親知らずの治療やさまざまな外科処置をします~口腔外科~

親知らずの治療やさまざまな外科処置をします~口腔外科~

口腔外科では、お口まわりの外科処置を行います。身近な処置は親知らずの抜歯です。ほかにも顎関節症の治療や、粘膜の治療、口腔内のケガや骨折の治療などが含まれます。

埼玉県蕨市のマルエツ蕨北町店1Fにある「モアナ歯科クリニック蕨医院」では、信頼できる医療機器を導入し、歯科医師の高い技術力を駆使して、さまざまな症例に対応します。大学病院の准教授や医局員とも連携し、難症例の執刀を依頼することもできますので、お口まわりの気になることは何でもご相談ください。

親知らずの抜歯

親知らずの抜歯

親知らずとは、28本の永久歯が生えそろったあとで、奥歯の奥に生えてくる歯です。上下左右で4本生える可能性がありますが、まっすぐ生えるとはかぎらず、斜めに生えたり、埋まったままだったりすることがあります。

親知らずは必ず抜歯するとはかぎりません。ただ、痛みがあったり、まわりの歯に悪影響をおよぼしたりする可能性がある場合には抜歯が選択されます。

抜歯する可能性が高い親知らず
  • まっすぐ生えきらずに、一部が歯ぐきに埋まったままで、虫歯や歯周病を引き起こす可能性が高い、またはすでに虫歯や歯周病にかかっている
  • 前の歯を押して歯並びに悪影響を与えるリスクがある
  • 親知らずのまわりにのう胞ができている
  • 咬み合わず歯ぐきや粘膜を傷つける
  • 歯ブラシが届きにくく虫歯や歯周病のリスクが高い
健康な親知らずは移植できるかもしれません

大切な歯を失った場合、自分のほかの歯を抜いて移植することがあります。その際に使われることが多いのが、健康な親知らずです。移植する歯が自分の歯だと拒絶反応のリスクを低く抑えられますので、とくに問題がない親知らずは、むやみに抜歯をせずに、残しておくことをおすすめします。ほかの歯と同じようにしっかりケアして健康を保ちましょう。

移植と再植

移植と似ている言葉に再植があります。再植とは、歯をいったん抜歯して、歯根まできれいに処置してから、ふたたび元の位置に戻す治療方法のことです。移植は別の位置に埋め、再植は元の位置に戻すという違いがあります。

当院の口腔外科の特徴

当院の口腔外科の特徴

親知らずの抜歯だけでなく、さまざまな高度外科処置に対応します。オペ室を完備し、口腔外科専門医や麻酔医が在籍する安心の環境です。大学病院の准教授や医局院とも連携し、難症例の執刀を行うこともあります。

特徴1:高い技術力

大学病院で口腔がん治療を専門に行ってきた経歴のある当院在籍の歯科医師がさまざまな経験によって培われた技術力を活用し、確かな治療をご提供します。また当院の口腔外科専門医は年間2,000件以上の治療実績があるプロフェッショナルですので、患者さん一人ひとりの異なるニーズに合わせた治療が可能です。

特徴2:専属の麻酔医による対応

患者さんの健康状態や手術内容に応じて、局所麻酔・笑気麻酔・静脈内鎮静法を使い分けて麻酔を行うのは、専属の歯科麻酔医です。患者さんの不安を軽減し、痛みをできるだけ抑えた治療を行います。

特徴3:医療機関との連携

さまざまな患者さんの症状に対応するため、大学病院やインプラント専門医をはじめ数多くの医療機関と連携しています。当院での治療が難しいと判断される症例は、連携している医療機関の専門医をご紹介し、治療いたします。

対応可能な口腔外科

親知らずの抜歯

まず抜歯をするかどうかの診断を行います。そして抜歯の際にはできるだけ患者さんに負担がかからないように治療します。

顎関節症

「あごが痛い」「あごがカクカク鳴る」「口が大きく開けられない」などの症状が続く場合は顎関節症が疑われます。お口の症状により原因をつきとめ、治療を行います。

口腔がん

歯ぐきや舌、頬(ほほ)や唇などに発生することがあります。治療しても治らない歯ぐきの腫れや出血を診察し、口腔がんかどうかの診断につなげます。

エプーリス(歯肉腫)

エプーリス(歯肉腫)は歯ぐきにできる「できもの」です。必要に応じて外科処置で取り除きます。

口腔内のケガ・骨折

事故や転倒などによる歯の破折やあごの骨の骨折の外科処置を含む治療を行います。衝撃を受けたあと、あごのしびれや痛みがあるときには、骨折の可能性がありますので早めに診察を受けましょう。

唾液腺疾患

口が渇く「口腔乾燥症」や唾液が通る管や唾液腺に結石ができてしまう「唾石症」などの病気の診察、治療を行います。

口腔粘膜疾患

口腔内に白い角質が付着する「白板症」、痛みや味覚障害を引き起こす「口腔カンジダ」や、口腔内粘膜の異常「口腔粘膜疾患」などの病気の治療を行います。

神経疾患

舌や喉に痛みを感じる「舌咽頭神経痛」や顔面の神経のマヒ「顔面神経麻痺」といった神経疾患の治療を行います。