歯周病・予防

歯ぐきが腫れている・出血する・
歯がグラグラする~歯周病~

歯ぐきが腫れている・出血する・歯がグラグラする~歯周病~

歯周病は高齢者がかかる病気だと思っていませんか? 歯ぐきが炎症を起こし、悪化すると歯を支えるあごの骨(歯槽骨)が溶けてしまい、歯を失うことにつながる歯周病は、日本の成人の約8割が予備軍またはすでに発症しているといわれています。その症状は20代の方にも見られるのです。

歯周病を放っておくとどんどん進行します。「歯ぐきから出血する」「歯ぐきが腫れている」「口臭がきつくなった」「歯がグラつく」などお口の違和感に気づいたら、できるだけ早く埼玉県蕨市のマルエツ蕨北町店1Fにある「モアナ歯科クリニック蕨医院」にご相談ください。予防のための定期検診にも力を入れています。

日本の成人が歯を失う原因の第1位です

歯周病は歯と歯ぐきの溝にプラーク(歯垢)や歯石がたまり、その中に潜む歯周病の原因菌の作用で歯ぐきが炎症を起こす病気です。初期の段階では症状に気づかないので、静かに進行していきます。それが広く蔓延している理由のひとつです。

歯を失う原因の第1位は歯周病です

歯を失う原因の第1位は歯周病です

歯周病かんたんチェック

次のような症状がある場合にはすでに進行している可能性があります。できるだけ早く「モアナ歯科クリニック蕨医院」にご相談ください。

  • ブラッシングすると歯ぐきから血が出る
  • 歯ぐきが腫れている
  • 朝起きたときに口の中がネバネバする
  • 口臭が気になる
  • 歯がしみる
  • 歯が長くなったように見える
  • 歯を触るとグラつく
  • 歯に食べ物が挟まりやすくなった

歯周病は予防が大切です

歯周病は予防が大切です

歯周病は発症と進行のメカニズムがわかっているので予防可能です。お口の健康維持のために歯周病を未然に防ぎましょう。こちらでは当院の歯周病予防の取り組みをご紹介します。

高機能消毒水「PIOCウォーター」

POICウォーターとは、不純物を取り除いた純水を電気分解した水です。薬剤を使用していないPOICウォーターには、タンパク質を分解し、雑菌を除去する効果がありますので、治療やうがいの際に使用すると歯周病予防効果が期待できます。小さなお子さんにも安心です。

細菌検査「位相差顕微鏡」

口腔内のプラークに潜む細菌の観察ができるのが「位相差顕微鏡」です。細菌の種類や数を把握できれば、お口の抵抗力がわかり、さらにお口の中の細菌に対して有効な治療や予防ケアができます。

症状と治療法

歯周病は大きく歯肉炎と歯周炎に分けられます。炎症が歯肉だけの場合は歯肉炎で、さらに進行し、歯を支えるあごの骨などの組織にまで破壊が進んでいる場合は歯周炎です。こちらでは歯周病を軽度、中等度、重度に分けて症状とおもな治療法をご紹介します。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

進行段階 症状 処置・治療
軽度歯周病(歯肉炎)

軽度歯周病(歯肉炎)

歯ぐきに軽い炎症が起きた状態です。歯と歯ぐきの溝が少し深くなります。痛みはまだありませんが、冷たい物がしみることがあります。
  • ブラッシング指導

患者さんのお口の状態に合わせたブラッシング方法をアドバイスします

  • スケーリング

ブラッシングでは落とせない歯や歯ぐきとの溝に付着する歯石やプラークを除去します

中等度歯周病

中等度歯周病

歯を支えるあごの骨が溶けはじめている状態です。歯と歯ぐきの溝が深くなり歯周ポケットを形成しはじめます。口臭が気になりだし、歯がグラつきはじめます。
  • ルートプレーニング

歯周ポケットの中の歯石やプラークを除去し、表面をなめらかに仕上げて汚れの再付着を防ぎます

  • 歯周ポケットそうは術
歯ぐきに麻酔してから、歯周ポケット内の歯石やプラーク、炎症を起こしている歯周組織を除去します
重度歯周病

重度歯周病

歯を支えるあごの骨がほとんど溶かされた状態です。歯ぐきがブヨブヨになり、膿が出て出血が増え、口臭がかなりきつくなります。歯が大きくグラグラします。
  • GTR法

溶けたあごの骨の再生療法で、自家骨(自分の骨を砕いたもの)や骨補填材を置いて、骨の再生を促します

  • エムドゲイン
あごの骨の再生療法の一つで、再生したい部位にエムドゲインゲルを注入し、スペースを確保して、骨の再生を促します

虫歯も歯周病も予防が大切です~定期検診~

虫歯も歯周病も予防が大切です~定期検診~

お口の2大トラブルの虫歯と歯周病は、いずれもメカニズムがわかっているので予防ができます。病気にかかってしまうと、それだけですでに歯はダメージを受けますが、さらに治療でもダメージがかかります。しかし未然に防げば、病気の苦痛も治療の負担もかかりません。

そのため「モアナ歯科クリニック蕨医院」では、予防に力を入れています。定期検診を通して、歯の健康をサポートします。

セルフケアとプロフェッショナルケアが大切です

セルフケアとプロフェッショナルケアが大切です

虫歯も歯周病も細菌による感染からはじまります。その細菌が潜んでいるのがお口の中のプラークや歯石ですので、この汚れを残さずにしっかり落とせば病気は未然に防げます。そのための基本は毎日のブラッシングです。

しかし毎日のセルフケアだけで、お口のすみずみまで汚れを落とすことはなかなかできません。「毎日ブラッシングしていても虫歯になった」という方は、汚れが残っている部位があったからです。そこでセルフケアに加えていただきたいのが歯科医院での定期検診です。口腔ケアのプロフェッショナルがお口の中を定期的にチェックして、汚れが残っていないか、トラブルが発症していないかを確認します。そして歯のクリーニングを行い、お口の中をきれいにして、お口のトラブルを予防するのです。

予防処置メニュー

ブラッシング指導

ブラッシング指導

患者さんのお口の状態に合わせたブラッシング方法をアドバイスします。毎日のブラッシングで、みがき残しを起こさないように、歯ブラシの選び方や持ち方、動かし方をお伝えします。

フッ素塗布

フッ素塗布

フッ素には虫歯菌が出す「酸」への抵抗力を高めるはたらきや、虫歯菌の活動を抑えるはたらきが期待できます。フッ素を歯面に塗布して、虫歯予防につなげます。

PMTC

PMTC

歯科のプロフェッショナルによる歯のクリーニングです。特殊な器具を使い分けて、歯と歯の間、歯と歯ぐきの溝、歯の表面の汚れを落とします。仕上げに歯面をみがいて汚れの再付着を防ぎ、虫歯や歯周病、口臭予防につなげます。

咬み合わせチェック

咬み合わせチェック

咬み合わせが乱れていると、その部位が強く当たったり、汚れがたまりやすかったりして、虫歯や歯周病のリスクが高まります。定期的に咬み合わせをチェックして、病気の予防につなげます。

顎関節症チェック

顎関節症チェック

「あごが痛い」「あごがカクカク鳴る」「口が大きく開けられない」などの症状は顎関節症が疑われます。顎関節に違和感がないかを確認します。

生活指導

生活指導

虫歯も歯周病も感染症なので、全身の免疫力が弱まっていると発症、進行しやすくなります。糖分摂取が多すぎたり、だらだらと長時間の食事をしたり、間食が多かったり、口腔ケアが不足するなどもお口のトラブルを引き起こす原因ですので、必要に応じて生活習慣のアドバイスをいたします。